防災というと自宅にいるときのことを想定しがちです。

しかし、社会人は会社にいる時間が非常に長いことを忘れてはいけません。

時間が長ければその分だけ災害に遭遇する可能性も高くなってしまいます。

労働時間は人によって異なりますが、年間で2000時間以上働いているケースも少なくありません。

この場合は年間の25%もの時間を会社で過ごしている計算になります。

そのため防災の意識を日頃から持っておくことは非常に大切です。

会社は自宅と環境が大きく異なりますし人数も多いため、しっかり備蓄をしておかなければなりません。

さらにウォーターサーバーを設置しておくと役に立つケースが多いです。

そこで今回は会社の防災について、備蓄品や管理方法を見ていきます。

避難に必要なものを備蓄しておくのが基本!

消火器

災害が起こったら迅速に行動することが大事です。

避難することが先決ですが、被害を最小限に食い止める活動を行う必要があります。

被害が拡大することを防げれば、それだけ避難もしやすくなりますし、怪我をするリスクも下げられるからです。

しかし防災のプロのような活動をしようとするのは危険です。

避難経路の火を消す程度の活動に留めておきましょう。

そこで必要になるのが消化器です。

法律でも義務付けられているので設置してあるのが当然ですが、防災のための基本的な備蓄品として認識しておきましょう。

もし設置していないのであれば、早急に入手のための手配をしてください。

近年建てられたビルであればスプリンクラーが設置してあるケースも多いでしょう。

そのような防災設備がある場合でも、消化器は必須と考えておく必要があります。

スプリンクラーからの噴射が届かないこともありますし、故障しているケースもないとは言い切れません。

管理方法としては火元の近くに置いておくのが一般的ですが、該当する場所がないのであれば出入口の周辺に置くと良いでしょう。

さらに、怪我人を救助したり避難に使用したりする備蓄品も必要です。

災害が起こるとドアが歪んで開かなくなることがよくあります。

そのような場合でもバールがあると強引に開けやすくなります。

避難経路をふさぐ物や窓ガラスを割るためのハンマーもあると便利です。

火災が起こっていると金属は熱くなるので直接触れられません。

触りたい物の付近にガラスの破片が散らばっていることもあります。

そのようなリスクを回避するために、人数分の軍手も用意しておくのが望ましいです。

また、縄があると梯子の代わりとして利用できる場合があります。

危険を伴いますが2階から脱出することも不可能でありません。

これらはまとめて出入口に置いておくのが基本ですが、他に持ち出しやすい場所があればそこで管理をしても構いません。

怪我をした人の手当てに使う道具もしっかり揃えておいてください。

災害が起こった直後は怪我をしなくても、避難するときに転んだりするケースも多く見受けられます。

消毒薬や包帯といった応急処置に使える定番のアイテムは一通り用意しておくと安心です。

また、応急処置の手順を書いた説明書も一緒に管理しておきましょう。

普段は冷静に対処できる人であっても、災害が起こると気が動転していて上手く対処できないケースも珍しくありません。

そのような場合でも説明書があれば、適切な応急処置を行いやすくなります。

時間との勝負になることもあるので、即座に取り出せる場所を選んで管理することが大事です。

社員の意見も取り入れながら場所を決めてください。

誰でも簡単に使えるようにしておくことが肝心だからです。

また、ウォーターサーバーがあればその近くに置いておくと、水を使った応急処置をしたいときに便利です。

自宅にすぐに戻れないことを想定した防災を

災害が起こった場合、自宅になかなか帰れないケースもよくあります。

何週間にも及ぶことは稀ですが、3日程度は覚悟をしておいた方が良いでしょう。

大規模な震災の場合は地面が崩れてしまうことも十分ありえます。

そうなると交通機関が使えなくなるどころか、自動車が走るのも困難になってしまいます。

移動手段がなくなったときに重視すべきなのは、必要なものを買い足すのが難しくなるということです。

日常生活で必要なものは人によって異なりますが、どのような店舗であっても被災地では平常時のようには営業していないでしょう。

防災の意識が低い店舗は倒壊している場合もありますし、もし営業していたとしても周辺の被災者が押し寄せているかもしれません。

すぐに在庫不足になるので、必要なものを入手できないことが予想されます。

店舗

そのため少なくとも3日程度は店舗を利用しなくても過ごせるような備蓄をしておきましょう。

揃えるのは多くの人が共通して必要とするものです。

一人ひとりのニーズに対応できるのが最善ですが、流石にそこまで会社が把握するのは難しいです。

あくまでも防災という非常事態を想定して、備蓄をしておくだけで構いません。

たとえば飲料水は性別や年齢に関わらず誰でも必要になるでしょう。

そのため水の入ったペットボトルを3日分は備蓄しておく必要があります。

ウォーターサーバーがあるならあまり神経質になることはありませんが、ないのであれば必ず備蓄しておかなければなりません。

ティッシュも誰でも必要とするグッズの一つです。

ポケットティッシュでは心もとないので、殺菌効果のあるアルコールを含んだものを多めに揃えておきましょう。

食料品も非常に重要な備蓄品なので忘れてはいけません。

備蓄するときのポイントは消費期限がなるべく先のものを選ぶことです。

缶詰など消費期限が数年にわたる食品も多く売られています。

普通のインスタントラーメンなどもおすすめですが、近年はさまざまな防災用の食品が発売されているので、そちらも視野に入れてください。

たとえばお湯をかけると食べられるようになるお米などもあります。

ここで一つ注意しなければならないことがあります。

それは消費期限を把握しておく必要があることです。

いくら少尉費期限が長くても無限ということはありません。

期限が過ぎたことに気づかないと、いざという時に食べられなくて困ってしまいます。

消費期限を把握するような管理をする自信がないのであれば、ずっと備蓄するのではなく定期的に食べるという方法もあります。

数カ月に一度ぐらいのペースで、会社の昼食として社員に提供することが考えられます。

食べるたびに買い足すようにしておけば、期限切れになる心配をしなくて済みます。

ウォーターサーバーのメンテナンスなど、定期的実施されるイベントと一緒の日にしておくと忘れにくいのでおすすめです。

備蓄品を即座に持ち出せるように管理しよう

防災バッグ

ここまで会社で備蓄品を管理する方法について紹介してきましたが、備蓄品をより利用しやすくするには防災バッグを活用することも検討した方が良いでしょう。

会社にいるときに災害が生じたときは、迅速に持ち出せるようにしておくことが重要だからです。

災害が他の地域で起こったときや、会社でそれについて話し合ったときは防災の意識が高くなります。

しかしそれは一時的なことに過ぎず、日々の仕事が忙しいと防災の意識は次第に希薄になりかねません。

せっかく会社に備蓄したにも関わらず、それらを邪魔に感じることすらあります。

会社で防災の意識を保ち続けることは難しいので仕方がないことですが、災害が起こったときに困ることなるでしょう。

邪魔だからと言って、物置の奥にしまい込んでしまうとすぐに取り出せなくなります。

特に会社の面積が狭いと、備蓄品を奥に押し込んでしまう傾向が見受けられます。

そうなるともう管理をしていないといっても過言ではありません。

退避するときに慌てて探すことになるのは明らかです。

その間に会社全体に被害が広がって逃げられなくなるリスクがあります。

また置き場所をすぐに見つけても、簡単に持ち出せない管理の仕方をしていると意味がありません。

備蓄品をまとめずに置いておくと、それらを持ち運ぶのに両手が塞がってしまいます。

避難するときに両手が使えなくなることは避けなければなりません。

それに役立つのが防災バッグというアイテムであり、避難のときに両手が自由に使えるようになるメリットがあります。

防災バッグにはいろいろなタイプがありますが、少し大きめのリュックサックが一般的です。

大きさも商品によって異なりますが、3人分ぐらいの備蓄品であれば問題なく入ります。

必ず必要になる備蓄品は防災バッグに入れた状態で管理しておくのが望ましいです。

しかし大きいからと言って、たくさん入れすぎると重くなるので注意してください。

背負えなくなると本末転倒であるため、会社で話し合って入れるものを厳選しましょう。

避難するときは男性社員が背負うのが望ましいですが、場合によっては女性社員が背負わざるを得ない場合もあります。

会社の中で最も力が弱い人を基準にして考えておくのが理想です。

さらに防災バッグを避難経路においておくことも重要になります。

しかし直射日光が当たる場所や湿気が多い場所は避けた方が良いでしょう。

防災バッグに使われている素材にもよりますが、中に入れたものが劣化してしまう恐れがあります。

会社のなかで該当する場所をチェックして避けるようにしてください。

たとえばガラス窓のそばは直射日光が当たりやすいですし、結露によって生じた水が落ちてくる可能性があります。

会社で適切な場所を見つけるのに苦労するかもしれませんが、防災の意識を高めるためにも社員に検討させてみるのも一つ手です。

ウォーターサーバーは防災に役立つ!

災害が起こったときに命に関わるのはライフラインの状態です。

防災の備蓄の多くは、ライフラインが断たれた場合を想定して行わなければなりません。

会社でも住まいでもライフプランは共通しており、代表的なものとしては電気や水道が挙げられます。

会社で電気や水が使えなくなると、多くの面で不便が生じるでしょう。

しかし電気は水ほど心配しなくても大丈夫です。

なぜならライフプランの中で復旧が最も早いからです。

途中で断線していたとしても、基本的には会社に繋がっている部分を修理するだけで使えるようになります。

電線は空中に張られているのが一般的なので、被災地であっても作業を簡単に行えるメリットがあります。

それに比べて水道の復旧作業は容易ではありません。

なぜなら水道管は地中に埋まっているからです。

会社に繋がる水道管が破損していた場合は、修理のために土をまず掘らなければなりません。

そのためには重機が必要ですが、大きな災害の場合は会社の近くまで重機を運搬できない可能性が高いです。

このような事情があるので会社の防災としてライフラインの心配をするときは、水の備蓄を第一に考えることが大事です。

そう言われるとペットボトルを大量に確保すれば良いと考えるかもしれません。

確かにそれも間違った方法ではありませんが、会社に大量にペットボトルを備蓄しておくのは簡単ではありません。

またペットボトルの水は腐るので、備蓄をしても定期的に買い替える必要もあります。

災害が起こったときは腐った水でも洗濯などに用いるケースもありますが、飲み水や傷の手当に使う水は綺麗でなければありません。

会社で仕事をしながら、そのような水の備蓄にまで気を配るのは難しいでしょう。

ウォーターサーバーから水を入れる様子

そういった悩みがあるならウォーターサーバーを会社に導入するのがおすすめです。

ウォーターサーバーの水は新鮮なので、災害が起こったときには非常に頼りになります。

お湯が出るタイプも多く、そちらであれば食品を調理するときにも利用しやすいです。

電気がないと水を使えないと考えている人もいますが、ほとんどのウォーターサーバーは通電していなくても使用可能です。

心配であれば導入前にメーカーに確認しておきましょう。

運用にかかる費用を心配する人も見られませんが、水の備蓄は防災の基本であることを意識してください。

普段の会社生活で社員が気軽に使えて便利なのはもちろんですが、防災において大きな役割を果たすことが非常に大きなポイントです。

災害が起こることをシミュレーションするときは優先順位を付ける必要があります。

会社の資本も重要ですが、社員がまた健康な状態で仕事に復帰できることが何よりも大切でしょう。

会社に損害が生じても社員がいれば立ち直れる可能性は高いと考えられます。

そのための投資としてウォーターサーバーの導入を検討する価値は十分あります。

ボトル型ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:フレシャス

フレシャス 
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。