会社に設置する防災グッズの管理方法を紹介

地震や水害といった多くのトラブルが日本にはあります。

会社にトラブルが発生したときにも困らないようにBCP対策はしっかり行っていないと駄目です。

BCP対策の1つとして挙げられるのが防災グッズの準備と備蓄品の管理と言えるでしょう。

万が一の事態が発生したとしても備蓄品により生き残る可能性もあります。

またビル内で身動きがとれないときにも活躍してくれる可能性は十分にあるのが特徴です。

大地震が起きたときに防災用品や備蓄品は時間により重要度が増します。

備蓄品を保管する倉庫

すぐに準備できないと意味が無いので保管するときは1カ所だけでなく複数の場所に用意しておくのが基本です。

特に怪我の手当をできるグッズは複数の場所に置いておいて損はないといえるでしょう。

例えば水や食料の場合は医薬品と違い賞味期限が発生します。

賞味期限が近づいたものは素早く処分して新しいものに取り替えるのが良いです。

また食品や水は各自が取り出せる場所ではなく、倉庫のような場所にまとめて置いておくのが良いといえます。

これらの作業は会社規模で定期的に行うことにより防災意識を高めて事態に備える事ができるので必見です。

BCPにおいて最も重要となる社員の生命に当たる部分なので忘れずにしておきましょう。

他のも会社で利用できる防災グッズはかなりの数があります。

各商品の取り扱いはそれぞれ違っているので、適した保管をしないとだめです。

また置く場所も十分検討する必要があるので気の抜けない作業といえます。

ここでは備蓄品の詳しい管理方法から一部日常で使えるローリングストックまで紹介するので知っておくと良いです。

備蓄品はそれぞれ管理方法が用意されている

会社には多くの社員がいます。

基本的に彼らに防災グッズを用意して一部管理させておくのが良いでしょう。

例えば会社で仕事をしているときに地震が起きた場合のためにヘルメットを各部署に用意しておきます。

これをかぶれば落下物から頭を守ってくれるので安心です。

特定の場所にヘルメットをまとめておくと、その場所まで取りに行かないといけないので危険度が増します。

全員で移動すれば更に危険になる可能性もありますが、各部署に配置しておけばすぐに取り出し防御できるので安心です。

食品や水に関してはローリングストックを使うのが理想的といえます。

食品といった賞味期限があるものは長期保存に向いていないので定期的に入れ替えをしないとだめです。

そこで賞味期限が近いものは適度な頻度で社員に食べてもらうのが良いでしょう。

捨てることなく消費することができるので経済的です。

また行う際は限りなく日常に近いものを用意するのが基本となっています。

レトルト食品やカップラーメンといったものです。

具体的なローリングストックのやり方は簡単で食品をまとめて購入して賞味期限の近いものを食べていく、食べたら備蓄用食品を追加します。

会社だけでなく日常生活でも利用できる内容なので防災手段として導入してみましょう。

火災発生時のリスクを考えて個別包装していないものはブルーシートをかぶせておくのも手です。

そうすればスプリンクラーの水を受ける可能性もありません。